門扉

門扉工事をお考えのお客様へ

門扉工事をお考えのお客様へ

こちらのページでは、門扉役割種類選び方のポイントをご紹介しています。新築時に外構工事を一緒に行う予定の方、外構リフォームをご検討の方は、ぜひ参考にしてください。また、門扉に関してわからないことがあれば、「横浜の外構屋」までお気軽にお問い合わせください。

門扉の役割

門扉は、外壁や屋根と同様、住まいの「顔」となるもの。住まいの印象を素敵に見せるものとして、門扉のデザインは重要です。外壁や屋根のデザインと合うよう、門扉のデザインを考えましょう。

また、門扉は事故防止や防犯の役割もあります。門扉があることで住まいの玄関と外の道路に隔たりができるため、安全性を高めることができます。小さいお子様などが急に飛び出して事故が起きるというリスクも減らすことができるでしょう。

防犯面においても門扉があることで、空き巣の侵入を防ぐことができます。門柱にインターホンを付けておけば、飛び込みのセールスマンなど、歓迎しない訪問者を外でシャットアウトすることもできるのです。

門扉の種類

門扉には、さまざまな形状や素材のものがあり、ご希望や予算に合わせてお選びいただけます。

素材
アルミ
アルミ鋳型(いがた)
門扉によく用いられている素材であり、さまざまなデザインがあります。手入れが簡単で比較的安価ですが、素材によっては安っぽく見えてしまうことがあります。
樹脂 樹脂素材は加工性が高いため、さまざまなデザインがあります。手入れも簡単で安価ですが、素材によっては安っぽく見えてしまうことがあります。
高級感のある素材です。錆や変色が起こらないよう、定期的なお手入れが必要になります。海辺近くのお宅では、潮風の影響で錆つきが懸念されますので不向きです。
天然木 木目がやさしくデザイン性の高い仕上がりになります。雨や雪などで腐食などが起こらないよう、定期的なお手入れが必要です。
形状
観音開き扉 2枚扉で門扉中央から左右に開きます。電動式で自動で開閉するタイプもあります。
片開き扉 1枚扉で左右いずれか一方の方向に開閉する門扉。勝手口などに用いられる場合があります。
親子扉 2枚扉で左右の扉の大きさが異なる門扉。大きい扉は日常的に使用し、小さい扉は大型家具の搬出時など出入り口のスペースを広げたいときに用います。
引き戸扉 レール上を扉がスライドして開閉する引き戸扉。スペースがとれない狭小地でも設置可能です。

門扉を選ぶ際に重要なポイント3つ

1.スペース

門扉を設置するスペースによって、使用できる形状は異なります。引き戸扉はスペースがあまりとれない場合に適しています。

2.環境

海が近く錆や腐食が起こりやすい環境では、鉄や天然木の素材は不向きです。耐久性を考えるなら、アルミ素材や樹脂素材がおすすめです。

3. 使いやすさ

扉は1日に何度も開け閉めしますので、使いやすいことも重要です。玄関との距離が十分にある場合は、観音開き扉や片開き扉の形状で、内開きにしたほうが便利です。また、家の前の道路や玄関、門扉の距離が狭い場合は、引き戸扉が便利でしょう。

お見積り・お問合せ

トップへ戻る